資産運用で安心収入~初心者でも夢の高収入実現~

電卓

多岐に渡る検討事項

売却に関するニーズの増加

不動産

不動産は自分が住むための住居の購入に際しても、多くの専門情報を理解しないと後で困ることになりかねません。まして不動産投資の場合、不動産購入と投資、運用の2つの側面を有しているため多岐に渡る検討事項が存在します。現在は不動産投資の裾野が拡大し、投資物件の数も不動産投資を行っている人の数も共に増加傾向にあります。そして今後見込まれる傾向としては、それらの投資物件を売却するタイミングがやってきて、これまでにない量の不動産投資で使われていた売却物件が市場に出回ることです。投資物件の売却は借り手がつかなくなった後では遅すぎます。その時点で今後期待される賃料収入よりも現時点で売れる売却価格の方が大きくなった時点で売却することが理想となるからです。

必要とされる専門知識

売却時期の見極めは不動産の売買相場の動向や賃貸ニーズの見通しなど判断材料として多くの専門知識が必要になります。そこでニーズが高まると考えられるのが売却に関する相談できる専門家です。現時点でも投資物件の選定をテーマとしたセミナーや相談会は数多く存在しますが、売却は購入と比べてもタイミングという要素の持つウェートが大きく高まります。そのため購入時よりもより専門家に相談をしたいというニーズは高まることが予測されるのです。また、相談の内容も購入時に多い物件の質や価値、そして物件の管理や空室リスクへの対処といった内容から、相場にまつわる内容にシフトされます。ですから、相談の対象として人気が高まるのは不動産のマーケット動向や法務に詳しい専門家となっていくことが見込まれます。